• Facebookのブラックスクエア
  • YouTubeのブラックスクエア
  • Twitter ブラック スクエア

© 2019 by STAR BELL PLUS

タケウチ"BENZO" ヒロカズ (たけうち べんぞう ひろかず)

 

1982年4月20日生まれ

身長170cm  B型 富山県高岡市出身  ミュージシャン トランペットプレイヤー 音響家 動画作者 作編曲家

 

【略歴】

富山県高岡市生まれ。一人っ子。

5歳よりエレクトーン、10歳よりトランペットを始める。

出生前から母親が、リチャードクレイダーマンを中心とした音楽を積極的に聴かせていた。

この影響もあってか、物心ついて自然と音楽に興味を持つ様になった。

中学、高校と吹奏楽部でトランペットを担当し、東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻(トランペット)卒業。

現在STAR BELL PLUSでともに活動をしている馬場佑介、福島哲平は大学の後輩である。

卒業後、自ら演奏活動を続けていくことに限界を感じ、舞台の裏方や表方、特効、映像制作会社などの職を転々としたが、ラテンバンドの在籍を経て演奏活動を再開。

演奏活動再開直後に当時のSTAR BELL PLUSメンバーの一人と共演したことがきっかけとなりSTAR BELL PLUSに加入、現在に至る。

職を転々とした頃、身につけたノウハウを生かし、舞台芸術とりわけ演劇の世界で、公演用音楽の作編曲や音響を手がけている。また、ムービークリエーターとしても活動している。

最近では鍵盤ハーモニカ奏者としても活動を開始。

 

【人物】

・あだ名は「べんぞうさん」「べんぞさん」「べんちゃん」。

・高校時代、音大のオープンキャンパスに制服で参加した際、学ラン黒ぶち眼鏡という出で立ちだったのを見た他の受講者が「べんぞうさん」と呼び始めたことが由来。

入学したときには既に他の楽器の先輩にまでその呼び名が知れ渡ってしまっていた。

・当初この「べんぞうさん」という呼び名を嫌がっていたが、仕事先の初対面の人にまで「べんぞうさん」という呼び名が知れ渡っており、訂正するのが面倒ということで積極的に名乗ることにした。

・クラシックをベースとした繊細な演奏と、幼少期に培った音楽センスと感受性豊かな性格から、予測不能で変幻自在の演奏スタイルが特徴。

・ステージ上の弾けた姿と、普段の生真面目な差に驚かれることがしばしばある。

・音響や動画制作のノウハウは大学卒業後職を転々とした頃に身につけたもので、STAR BELL PLUSのライブ内で流されるメンバー出演の動画コンテンツはタケウチの撮影、編集によるものである。

・趣味は料理とドライブであるが、料理も運転もそんなに得意ではない。

・wikipediaで特に必要のないものをなんとなく調べるのが好き。特に「雑多な内容を箇条書きした節のある記事」が大好きである。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now