• Facebookのブラックスクエア
  • YouTubeのブラックスクエア
  • Twitter ブラック スクエア

© 2019 by STAR BELL PLUS

小山田 和正 (おやまだ かずまさ)

 

5月26日生まれ 

身長178cm 東京都府中市出身 A型

バンドマン、ジャズドラマー

 

【略歴】

東京都府中市出身、2人兄弟の長男。

幼少時に母からピアノを習うことを勧められるが、男の子っぽくないという理由で拒否。以降あまり音楽に親しまず成長するも、小学校の授業でソプラノリコーダーに触れ、楽器の楽しさに開眼。ピアノをやっていなかったことがアダとなり、楽譜を読むのが簡単な打楽器を率先して触るようになる。

大学ではJAZZ研究会に参加、当時はミュージシャンとして活動していた先輩やOBの方、その仲間のミュージシャンの出入りが多く、彼らの演奏に感銘を受け、大学在学中から自身も都内ジャズクラブ等に出演する活動を開始。

そんな中、2007年頃よりレギュラーメンバーとして活動したソノダバンドでは、メジャーレーベルからのCD発売や、日本全国から海外に至るまでの様々な公演、多数のアーティストとのコラボレーションなど精力的な活動を展開しましたが、2014年3月31日に解散。

その後はフリーランスのドラマーに戻り、ジャンルレスに活動。ジャンルレスが過ぎたのか、ジャズメンからはバンド系の人だと思われているし、ロック・ポップス畑の人からはジャズの人だと思われている。

 

【人物】

・何かを始めるまでは腰が重いが、いったん始めるとそれをずーっとやってるタイプ。

・好きが高じて2013年9月末からカレーをずーっと毎日食べている。

・元々はカレーというよりエスニックな食べ物が好きで、かなりクセのある食べ物も、「現地ではこういうスタイルなのかなぁ」と受け入れて興味を持って食べていた。

・というかそもそも、異なる意見に対しても「そういう意見もアリよね」って一度はすんなり受け入れるタイプ。

・すんなり受け入れるけど、色々考えて判断するタイプなので、後で考えてやっぱり受け入れないこともある。

・音楽でも、誰かがやったことはなるべく尊重したいタイプ。

・そういう性質のためか、変わった楽器との演奏やコラボレーション企画に多く携わっている。かつては共に活動していた人の影響からブラジル音楽にハマったり、珍しいJAZZ尺八奏者と活動したり。最近ではバイオリニストとの活動、ベリーダンスとのコラボ、フラメンコダンサーとのコラボなどがある。

・ある意味節操がない。

・一番節操がないのは食べ物関係で、ほとんど好き嫌いがない。

・しかもお酒の飲みながらご飯を食べたり、酒飲みのクセに甘いものも大好き。

・甘いものは食前や食中でもイケるタイプ。

・そんな自分と向き合っていたら、かつて「典型的なA型」と言われていたのに、「AB型かと思った」と言われるようになりました。

・そんな自分もうまく受け入れていきたいです。

 

【好きなもの】

オーガニック系、無添加食品、B級グルメ、皮革製品、木製品、森、公園、コーヒー、お茶、ハーブ、スパイス、パクチー、ウイスキー、伝統に裏打ちされた文化、裏打ち、バックビート、よく考えたら理にかなっていること、独特な雰囲気の人、独特なデザイン、suicaのペンギン、日本の犬、羊肉、北海道、福岡、豚骨くさい豚骨ラーメン、家系ラーメンで麺柔らかめ、柔らかいもの、カレーには固めご飯

 

【好きなカレー等】

ネパールカレー、ネパール干し肉炒め、チョイラ、インドカレー、汁気の少ないインドカレー、香りの華やかなビリヤニ、パキスタンの肉料理、タイのイサーン料理、あまり知らないけどラオス料理、スープカレー、サフラン、インデアンカレー、カレーの王子さま

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now